新モデルハウス レビュー vol.4──目に見えないところで活躍しています。“全熱交換換気システム”で温度も湿度も快適に

8

新モデルハウスの「快適さ」を支える全館空調は、1台のエアコンでお家の中の温熱環境を調整しています。エアコン本体は屋根裏のスペースに設置され、ダクトを通って冬は床下から暖かい風を、夏は天井から冷たい風を吹き込んで、どのお部屋も1年中快適に維持してくれます。

このようなエアコンは「パッシブエアコン」と呼ばれ、快適な暮らしを支える上で大切な役割を果たしています。そして、換気システムに「全熱交換方式」を採用することで、さらに快適な空間を実現することができます。

「全熱交換方式」について簡単にご説明しておくと──。

2003年7月に改正建築基準法が施工されて以来、すべての建物に24時間換気システムが設置されるようになりましたが、外の空気をそのまま取り込む換気方式ですと、夏は熱い空気、冬は冷たい空気がそのまま室内に入ってくることになります。

せっかくお家の中を涼しくしたり、暖かくしておいても、室内との温度差の大きい外気が入ってきては、なかなかお家の中を快適な温度に保てないですよね。エアコンの光熱費もかかってしまいます。

新モデルハウスで採用している全熱交換換気システムでは、外気と室内の空気を入れ換える際に“熱の奪い合い”を起こして、外の熱い空気は涼しく、冷たい空気は暖かくしてお家の中に取り込むことができます。

さらに、湿気も同様の方式で換気しているので、外の湿った空気も緩和されて入ってきます。

1年中、温度も湿度も快適に過ごせる家には、目に見えないところでこうした最新の技術が活躍しているのです。

新モデルハウス レビュー vol.3──床に埋め込まれた“プレート”が快適な暮らしを支えています

四日市市羽津に誕生したアムキットホーム新モデルハウス。その魅力を「強さ」「格好良さ」「快適さ」「省エネ」の4つのテーマに分けると、「66個の魅力ポイント」が浮かび上がってきます。今回は「快適さ」の中からご紹介。

モデルハウスをご覧においでいただいた方から、「これは何ですか?」とよく聞かれる場所があります。リビングやトイレ、洗面スペースの床面の一部に、金属製の隙間の空いた“プレート”が埋め込まれているのです。いったいどういう役割を果たしているのでしょうか。

答えは、「エアコンの吹出口」。

冬場になると、ここから暖かい風が吹き出してくるのです。

新モデルハウスでは1台の空調設備で家中の冷暖房を調節する全館空調」を採用しており、エアコン本体は1台だけ。お家の一番上方、屋根裏のスペースに設置してあります。夏場は冷たい風が上から降り注ぎ、寒くなると、基礎の部分を通って床下から暖かい風が吹き出してきます。

洗面所の床からも常に暖かい風が吹き出し、温度を一定に保っているので、冬場に浴室内と脱衣所の温度差で血圧が急変動する「ヒートショック」を防ぐことができます。

何気なく見えるプレートですが、快適な暮らしを支える役割を果たしているのです。

土に触れる楽しみを味わってみては──オススメ収穫体験スポットをご紹介

6

秋は収穫の季節。せっかくですから、家族で自然を満喫しながら野菜の収穫体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回は北勢エリアで収穫体験を楽しめるスポットをご紹介します。まずは、桑名市長島町にある輪中の郷の体験農園。約1ヘクタールの農園では1年を通してさまざまな野菜の収穫体験を行っており、秋の野菜といえば何と言ってもサツマイモ。スコップやシャベルを操り、親子で共同作業を行う良い機会になります。

10月になると、多度町の多度みぞのいも掘り園でもサツマイモ掘り体験がスタート。ここでは同じ時期にサトイモやショウガ、11月中旬からはダイコンの収穫体験も楽しめます。体験農場の野菜は無化学肥料・無農薬で育てられており、自然のままの環境で育った野菜の美味しさも味わえます。

多度町ではもう1箇所、「多度グリーンファーム」も収穫体験の人気スポット。11月からはじゃがいも掘りも楽しめます。

土の中からお芋を掘り出したときの子どもたちの嬉しそうな顔、見ていて思わず笑みがこぼれますよね。親子で土の匂いや感触を確かめながら、秋の1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

東産業サービス紹介-6 作業現場の安全を守る商品開発を行っています

5

アムキットホームの母体となる東産業は浄化槽や下水道の保守管理を中心に行っている会社ですが、こうした作業に限らず、工事や点検保守の現場にはさまざまな危険要素が潜んでいます。たとえば、高所作業の際の落下事故や、マンホールへの転落事故など、絶対に起きてはならないことですが、危険と隣り合わせにあることも避けられないことです。

そこで、安全な作業現場を実現するための「道具」を開発するセクションが生まれました。「サンリョウ株式会社」という関連会社では、自社で使用するだけでなく大手建設会社などからの注文も受けて、さまざまな商品を企画・開発し、製造販売しています。

代表的な商品のひとつが「ゲンチ・ミテル」。高所作業の際には転落防止のための「安全帯」を装着することになっていますが、ときには正しく装着されておらず、事故の発生を防げないケースもありました。「ゲンチ・ミテル」は安全帯に内蔵したLEDが点滅することでフックが正しく装着しているかどうかを判別することができます。

地上で作業の様子をチェックしている現場監督にも、高所作業者が正しく安全帯を着用しているかどうか、ひと目で判断することができるのです。もちろん、作業員の安全意識の向上にもつながります。

作業現場ではマンホールの蓋が開いた状態になっていることもあります。コーンを立てて危険を防止していますが、歩行者が歩きスマホの状態で近づいたりしたときには転落の危険性があります。そこで活躍するのが、「ゲンチ・スピークマン」。人がコーンに近づき過ぎるとセンサが感知し、LEDが点滅、さらに「マンホールの蓋が開いています。ご注意ください」などの危険を知らせる音声を再生し続けます。

事故が起こらないように、さまざまな作業現場で安全を守る商品の開発。こうしたところにも東産業の技術が役立っているのです。

四日市市で「強い家」を建てるならアムキットホームにお任せを

皆さんは“自由設計”のお家を建てる際には、どのような点に重きを置いてみえるでしょうか。

デザインを重視される方もあれば、家族の暮らしに合った間取りにこだわる方など、それぞれ家づくりの中で大切に考えているポイントがあることでしょう。

アムキットホームでは、まず第一に「強い家」であることを基本に考えています。地震や台風、津波などの災害に遭った際にもしっかりと建っていてくれる家でなければ、どれだけ素敵な外観であったり、洒落た吹き抜けのある空間であっても意味がありません。

アムキットホームが採用している「SE構法」は、阪神淡路大震災で多くの家屋が倒壊したことをきっかけに生まれました。強度が高く品質の安定した「構造用集積材」を使用し、柱と梁が強固に結合された「ラーメン構造」を採用。さらに、通常の木造住宅では行っていないことですが、1棟ごとにビルやマンションと同じように綿密な「構造計算」を行うことで、木造住宅であっても大地震や強風に遭っても耐えられる「強い家」を実現したのです。

マグニチュード9の東日本大震災や震度7の揺れに2度見舞われた熊本地震の際にも、SE構法の家は倒壊件数ゼロ。全壊や半壊などの被害も受けていません。

よく地震の揺れを再現して、何十回の揺れに耐えましたと謳っているCMがありますが、それは実験の際に使われた家の構造で実証実験した場合の話。同じ仕様であっても間取りが変わったりすれば、同様の耐震性能が保証されるわけではありません。

1棟1棟構造計算を行って、耐震性能を理論的に裏付けるのは非常に手間のかかる作業になりますが、安心して暮らしていただくためには必要不可欠なこと。アムキットホームはすべてのお家にSE構法を採用。地震や台風など災害に「強い家」を実現していきます。