「ときわ2丁目モデルハウス」6月一杯の公開となりました

ゴールデンウィークは毎日どこかへ子どもとお出かけという方も多いかもしれませんが、雨の日もあるかもしれません。そんなときにオススメなのが、松本街道沿いにある「子どもの本屋 メリーゴーランド」。40年以上の歴史を持つ子どもの本専門店の老舗です。

 

店内には大型書店にも置いていないような子ども向けの絵本や、知的好奇心をくすぐってくれるユニークな本が揃っています。子どもが座って本を広げられるスペースもあるので、時間の経つのも忘れて読書に夢中になる姿も。本好きに育ってもらいたいパパやママには必見のスポットです。

 

このメリーゴーランドと同じく松本街道沿いにあるのがアムキットホームの「ときわ2丁目モデルハウス」。アムキットホームが提案する快適な住まいのヒントがたっぷり詰め込まれたモデルハウスですが、お客さまのお住まいとなることが決まり、6月一杯の公開となりました。

 

 

雨の日の車からの出入りが楽々できる「インナーガレージ」や、フロアの一部に高低差を設け、階段でつなげて「中2階」や「中3階」を設けた“スキップフロア構造”など、見どころたっぷりのモデルハウス。前回ご案内したシアタールーム仕様のロフトスペースと合わせて、ゴールデンウィークのお出かけの際にはぜひご覧においでください。

 

ゴールデンウィーク、お出かけスポットに悩んだら近場の大型公園がオススメです

7

今週末からいよいよゴールデンウィークがスタート。中には9連休という方もみえるのでは。家族揃ってのお出かけ、お子さまは楽しみに待っていることでしょうね。とはいえ、これだけ休みが続くとなると、どこへ遊びに連れて行こうか悩む日もあるのでないでしょうか。

 

今回はそんな皆さんのために、アムキットホームのある四日市周辺のオススメ大型公園をご紹介します。

 

四日市の人気公園ランキングで真っ先に名前が上がるのは何と言っても「南部丘陵公園」ですよね。スリル一杯のロングスライダーといった大型遊具も充実していますが、他の公園にない魅力は南ゾーンの「小動物園」。1年中無料で一般開放されていて、ヒツジやヤギ、クジャクやアヒルに会えます。日曜日の午後1時半〜2時半にはウサギとのふれあい体験も開催しています。

 

北ゾーンの一角には無料で利用できるデイキャンプ場もあります(要予約)。公園で思い切り遊んだ後はバーベキューを楽しむのもいいですね。

 

定番的存在の南部丘陵公園に対して、6年前のオープンと比較的新顔の人気スポットが、霞ヶ浦緑地公園にある「霞☆ゆめくじら」。宝島をイメージした公園内には、幼児用の遊具の揃った「ビーチゾーン」、「オーシャンゾーン」や、特大ハンモックロングローラーすべり台など、小学生も存分に身体を使って遊べる大型アスレチック遊具「マウンテンゾーン」などが揃い、たっぷり遊んでいられます。

 

昼間、目一杯遊んだ子どもたちがぐっすりと眠りに落ちた後は、大人はゆっくり映画鑑賞というのもいいですよね。松本街道沿いにある「ときわ2丁目モデルハウス」では、シアタールームをお考えの方にご参考にしていただけるような防音効果の高い「セルローズファイバー仕様」のロフトスペースが設計されています。お出かけの際にぜひご覧においでください。

 

インテリアのアクセントとして人気の“コラベルタイル”。お家のどこに配置してみたいですか?

お部屋のインテリアにアクセントを加えて、毎日の暮らしに彩りを与えてくれるのがお洒落な「タイル」。キッチンや洗面室、トイレから玄関、リビングなどさまざまな場所で存在感を発揮してくれます。耐水性に優れていて汚れに強いので、水拭き程度で簡単に掃除ができるのも魅力。

 

アムキットホームの家づくりの中でも、お客さまのご要望に合わせてインテリアのアクセントにタイル貼りを提案させていただくことがあります。

 

たとえば、キッチンカウンターの前面をタイル貼りにしたケース。カラフルなコラベルタイルが、キッチンカウンターを遊び心たっぷりに彩ってくれます。コラベルはエスニック風のランタン型のデザイン。配色パターンがポイントになります。落ち着きのある色合いでお洒落にまとめたコラベルタイルは奥さまお気に入りのデザインです。

 

もう1例は、トイレの洗面台の前面をタイル貼りにしたケース。こちらも同様にコラベルタイルですが、配色を抑え、シックな雰囲気にまとめています。こちらも奥さまのたってのご希望で実現しました。無機質になりがちな空間がお洒落なコラベルタイルで個性的なお洒落空間に生まれ変わります。

 

デザインバリエーションの豊富なタイル、お家づくりのアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ママをリフレッシュさせてくれる四日市市独自の子育て支援策

幼稚園のお迎えに行くお母さん

アムキットホームのある四日市市は商業施設が多く、三重県内随一の賑わいを見せる街。それだけでなく、子育て世帯への支援も充実した暮らしやすい街でもあります。今回はそんな四日市市が県内で唯一取り組んでいる子育て支援策「第2子以降子育てレスパイトケア事業」をご紹介します。

 

レスパイトケアというのは、乳幼児や障がい児、高齢者などをご自宅でケアされているご家族の方が制度を利用して、一時的にリフレッシュを図ることができる家族支援サービスのこと。

 

四日市市では、第2子や第3子を出産されてから半年以内の間に、上のお子さんを四日市市内の認可保育園が実施する一時保育に2回まで“無料で”預けられるサービスを実施しているのです。通常は1日3000円前後の費用がかかる一時保育が無料で利用できるのは嬉しいですね。

もちろん、担当の保育士がみてくれるので安心。園では他の保育園児と一緒に過ごすので、園生活を体験できるという効果も得られます。

 

通常、一時保育は保護者の方が必要に迫られてご利用される場合が多いのですが、レスパイトケア事業ではお母さまの“リフレッシュ”に役立ててもらうことを目的にしているので、ご都合に合わせて利用できるのも魅力です。

 

先進的な子育て支援に取り組んでいる四日市市。自然にも恵まれており、小さなお子さまのみえる方にとって魅力的な街といえるのではないでしょうか。また折にふれて、四日市エリアの魅力をご紹介してまいります。

 

長きにわたって安心して暮らせる+資産価値の高い「長期優良住宅」、SE構法で実現します

4

今の時代、住宅はかつての「つくっては壊すもの」という考え方から、「いいものをつくり、長く大切に使う」という考え方へと常識が変わりつつあります。転機となったのは、平成21年に成立した「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」です。

 

「長きにわたって価値の減ることのない優良な住宅」、つまり、“長く住んでも大丈夫な家”だと国に認定されると、所得税の住宅ローン控除額が増額したり、固定資産税の軽減期間が延長したりといった税制上の優遇措置や、地震保険の割引などのメリットが得られます。

 

さらに、長期優良住宅に認定されるということは、“資産価値の高い家”であることの証明にもなります。

 

認定基準をクリアするためには、耐震性、省エネルギー性、劣化対策、間取りの可変性などさまざまな項目で性能基準を満たしている必要があります。住宅メーカーにとってそう簡単にすべてクリアできるような基準ではありません。

 

緻密な構造計算による耐震性、耐久性、ライフスタイルに合わせて間取りを変えていけるスケルトン&インフィルなど、アムキットホームが採用しているSE構法は、長期優良住宅が掲げるテーマを最初の1棟から実現し続けてきました。

 

長く暮らし続けていける家、そしていずれ家を売ることになった時にも「資産価値の高い家」であるSE構法の長期優良住宅を、アムキットホームは皆さまに提供してまいります。