スタッフ紹介_住宅アドバイザー 伊藤貴哉 Part.1 「“なんでも話せる友人”として完成までご一緒させていただきます」

8

今回はアムキットホームの最前線でお客さまとの家づくりに関わっている住宅アドバイザー 伊藤貴哉を紹介させていただきます。アムキットホームならではの家づくりにかける伊藤の思いの丈にしばし耳をお傾けください。

 

──まずは、現在の仕事内容について教えてください。

「住宅アドバイザーとして住まいを検討されているお客さまとモデルハウスでお会いし、家づくりの基本的な事柄をお伝えしています。縁あってお会いしたのですから、“意味のある時間”にしてもらえたらという思いでお話をさせていただいています」

 

──お話を聞いていただき、アムキットホームで家を建てることになったお客さまとは、その後の実際の家づくりにも関わっていくのでしょうか。

「アムキットホームの考え方に共感していただき、家づくりを任せていただけたお客さまには、資金計画や土地探し、ご要望の聞き取りから簡単なプランニング、設備選びのショールーム同行、工事中の現場での打合せなど、完成までのすべてのシーンでご一緒させていただいています」

 

──家づくりのスタートから完成までずっと寄り添ってくれるんですね。どのような想いでお客さまと接しているんでしょうか。

常に『本音』と『自然体』でお客さまに接することを心がけています。住宅は生涯で一番高価なお買い物といっても過言ではないと思います。そのお買い物をお手伝いするのですから『売り手と買い手』の関係性ではなく『なんでも話せる友人』になるべきだと考えています」

 

──なんでも話せる友人のような関係ということは、お客さまと意見が一致しない場合でもストレートに伝えることがあるのですか?

「たとえば設備を選ぶ過程で、トータルのご予算から考えた時に『そのような贅沢なモノ、本当に必要ですか?』と、ときにはお客さまとは反対の意見を申し上げる場合もあります。私たちの役割は『限られた予算の中で、あらゆるシーンを想像してお客さまご家族に応じたベストなプランをゼロから作り上げること』だと考えていますから」

 

お客さまのご要望通りにすすめるだけでなく、お客さまのことを思うからこそ、率直に意見を申し上げることもあるという伊藤アドバイザー。アムキットホームの家づくりの魅力など、思いの丈はまだまだ尽きませんが、その話はまた回をあらためてお届けさせていただきます。

 

「ラーメン構造」という言葉、耳にしたことはありますか?

家づくりをお考えの方でも、専門的な建築用語の意味を正確に理解するのは簡単なことではないですよね。でも、耐震性が高く、なおかつ設計の自由度の高いお家を建てたいとお考えでしたら、ぜひ覚えておいてもらいたい言葉があります。それが「木造ラーメン構造」です。

 

 

「木造」と頭に付いているのは、木造建築のためのラーメン構造という意味ですが、元々ラーメン構造は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造のビルやマンションに採用されている構造になります。柱と梁が強力な接合方法でしっかり固定されており、地震などの強い力が加わっても変形しにくく強い空間が作れます。

 

ラーメン構造は鉄やコンクリートといった強度計算のできる均質な部材を前提としているため、木造建築とは相容れないものがありました。しかし、より耐震性が高く、倒壊しない家を建てるために、木造建築にもラーメン構造が採用されるようになりました。

 

それが、SE構法で採用している「木造ラーメン構造」です。一定の強度を持つ集成材を特殊な金物でしっかり結合しているので、鉄骨造の建物と同じ手法で構造計算をして、家の強度を確かな数値で表すことができます。

 

 

木造ラーメン構造で建てられたSE構法の家は、東日本大震災でも熊本地震でも震災に耐え、倒壊した家はありませんでした。聞き慣れない建築用語ですが、安心、安全にこだわった家づくりをお考えでしたら、ぜひ覚えておいていただきたい言葉です。

 

私たちが「集成材」にこだわる理由

6

お子さんには毎日同じ遊びをしているよりも、色々な体験をして視野を広げてほしいものですよね。今週日曜、28日に近鉄四日市駅前の「じばさん三重」で開催される「ザ・銘菓 匠の技と味まつり」では四日市銘菓の和菓子・洋菓子が大集合。熟練の職人の技を間近で見ながら、お菓子作り体験も楽しめます。将来はパティシエなんて夢も広がるかもしれませんね。

 

ご家族で安心して暮らせるお家を建てる上で大切な作業となるのが、先月もご紹介した「構造計算」。建物を設計するときに安全性を客観的な数値で計算する作業ですが、木造2階建ての家では実施は義務付けられていません。アムキットホームが採用したSE構法では、建物基礎部分や部材の1本1本、結合部の強度まで緻密な構造計算を行っています。

 

構造計算を行う上で重要なのが、ひとつひとつのの部材の強度。確かな安全性を測定するためには、強度にばらつきのある部材を使うわけにはいきません。ですので、無垢材は構造計算は不向きな素材になります。アムキットホームがSE構法による家づくりに使う構造材は、木に含まれる水分量が15%以下、接合部の強度が一定に保たれた高精度の集成材を使用しています。

 

全国7箇所だけの指定プレカット工場で生産された集成材を使って、アムキットホームの新モデルハウスの建築も進められることになります。

 

感謝の心が磨かれる伊勢神宮での研修

朝靄の五十鈴川

会社勤めの経験のある方でしたら、新人研修などの社内研修を受けたこともあるかもしれません。アムキットホームの母体である東産業でも、毎年さまざまな研修を実施していますが、その中に伊勢の「修養団」での研修があります。

 

研修場所は伊勢神宮の目の前にある「公益財団法人修養団 伊勢青少年研修センター 」。110年以上の歴史を持つ由緒ある社会教育団体です。政財界からの評価も高く、松下幸之助氏が顧問を務めたという記録も残っているそうです。

 

東産業では毎年冬の時期、修養団が開催している3泊4日の研修に参加。講話に耳を傾けたり、伊勢神宮の特別参拝や五十鈴川の水行を体験します。心の磨かれる体験を通してあらためて学ぶのは「感謝の心」。日頃、当たり前のように感じていた事柄の意味を考え直す機会になります。

 

4日間の研修を終えて日々の仕事に戻った後、さまざまな場面で「感謝の心」に思いを馳せた体験を思い起こすことになります。たとえば、家づくりの現場。大工さんや塗装屋さんなど多くの職人、業者が関わります。こうした人たちは「下請け」と呼ばれることもありますが、アムキットホームではけっしてそうした呼び方はしません。「協力業者」と呼び、対等な関係で家づくりに取り組んでいます。言葉は心を表すもの。そこには「修養団」で学んだ感謝の気持ちが流れています。

 

新モデルハウス完成までの道のり ─第3回 間取りを決めるときに忘れてはならないことPart.3─トイレの位置は来客の多さを考えて

4

まだまだ寒い日が続くこの時期、子どもと一緒に出かけるならインドアスポットがいいですよね。北勢エリアでしたら「川越電力館 テラ46」はオススメのスポット。地球環境エネルギーのことを、見て、触れて、テーマパークのように楽しめます。日曜日には工作体験を実施していることもあります。

 

5月に完成予定のアムキットホーム新モデルハウスは現在、設計の最終段階。詰めの作業に入っています。今回は間取りを決める上でおろそかにしてはいけない“水回り”について考えてみます。

 

お風呂や洗面、トイレといった水回り関係をどのように配置するか。工事費のことを考えると、近い位置に固めた方が得策です。しかし、ここで見落としてはいけないのが、来客をお迎えしたときのこと。お客さまがトイレをご利用されることもありますよね。そんなとき、日常の生活空間に近い場所にトイレがあると、自然とお客さまの目にも入ってしまうことになります。日常と非日常が交差しないような間取りにしておくことが大切です。

 

ご実家のご両親やお友だちなど気のおけない間柄のお客さまでしたら問題ないでしょうが、会社関係など多少気を使う間柄の来客をお迎えする機会も少なくないようでしたら、トイレは生活空間から離して玄関の近くに配置しておいた方が、お互いに気を遣わずに済みます。

 

水回りの間取りを考える際にも、日頃の交友関係や来客の多さなど生活スタイルをしっかり見つめ直して、不具合なことになりそうなことは1つずつ“潰していく”作業を重ねていくことになります。