【新企画! 『住まいの専門用語を“ザックリ”と解説──家づくり用語辞典 第1回──』】

青空と住宅街

お客さまとの家づくりの打ち合わせの中では、「建ぺい率」や「在来工法」、「ベタ基礎」といった住宅・建築業界のさまざまな「専門用語」が登場することになります。お客さまにとっては初めて耳にする言葉も多く、すぐにはピンと来ないこともあります。

そこで、そうした「専門用語」を簡単でわかりやすい言葉でご紹介していきたいと、以前からこの企画を温めていました。

題して『住まいの専門用語を“ザックリ”と解説──家づくり用語辞典”』

第1回はお家を建てる土地の「区分」についての用語を解説します。

お家を建てるための土地は、基本的にはすでに住宅や商店、ビルなどが建っている「市街化区域」で探すことになります。市街化区域にある土地はそれぞれの用途=使いみちによって区分が決まっています。この区分の意味を知った上で土地を決めないと、極端な話、お家を建てた後で隣りに工場が建ってしまったというようなことにもなりかねません。

用途に応じて全部で13種類の地域区分があるのですが、今回は住宅に関係する区分用語をご紹介します。

【第1種低層住居専用地域】(だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき)

主に1〜3階建ての戸建住宅のための地域です。店舗は基本的に建てられません。建物の高さに制限があるため、マンションやアパートなどの高さも3階建て程度のものしか建てられないようになっています。学校などの公共施設は建てることができます。

【第2種低層住居専用地域】 (だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき)

こちらも主に1〜3階建ての戸建て住宅のための地域です。第1種との違いとしては、小規模な店舗が建てられることです。

ただ、最近、少子高齢化が進んで小売店や飲食店が近くにない地域が増えてきたため、第1種の地域でもコンビニエンスストアが建てられるように規制を緩和する動きも生まれています。

【第1種中高層住居専用地域】 (だいいっしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき)

【第2種中高層住居専用地域】 (だいにしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき)

戸建て住宅や中高層マンション、アパート、店舗などが混在している地域になります。2階建て以下のスーパーマーケットも建てることができます。第2種の場合は、第1種よりも大型の店舗や、ある程度の大きさのオフィスビルも建てられます。

13種類の地域区分の中で、この4種類が住居専用地域となります。

次回は、さまざまな施設が混在してくる地域について解説します。

※    「家づくり用語辞典」は皆さまにわかりやすくご説明できるように情報を簡略化していますので、詳しくは専門家などにご相談ください。

 

2019年三重の注目トピックスをご紹介します──四日市市羽津地区のアムキットホーム

2

新しい年になって10日ほど経ちましたが、皆さん、順調に新年のスタートを切れましたでしょうか。今年は家づくりに向けて大きな1歩を踏み出す年になる方もみえるかもしれませんね。

2019年、皆さんの暮らす三重県ではどんな出来事があるのか、ちょっと気になるトピックスを集めてみました。

お出かけスポットの話題としては、ベビースターラーメンで有名な株式会社おやつカンパニーが夏にオープンする体験型ミュージアム「おやつタウン」に注目です。プレスリリースによると、『家族で「遊べる」「学べる」「創れる」をコンセプトに、親子で体験できるオリジナルのベビースターラーメン 作りや最新の IT を活用したコンテンツ、国内最大級の屋内型アスレチック、子どもだけが入室できる秘密の研究所などを備えた』工場一体型の施設とのこと。

津市にオープンするとのことですが、ちょっと足を伸ばしてでも行ってみる価値はありそうですね。

もうひとつ注目の話題は、この春に発行予定の「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」。レストランや宿泊施設の格付け本として有名なミシュランガイドの初の東海地方版となります。

専門の調査員が身分を隠して店を訪れ、料理の質や店の快適度で格付けをし、掲載する店舗を決めることで有名なミシュランガイド。三重県内ではどのようなお店が掲載されるか楽しみですね。

今年も皆さまのお出かけのお役に立てる話題を折りにつけてご紹介していく予定です。どうぞお楽しみに。

 

今年10月に消費税が引き上げ……ですが、“駆け込み需要”の動きに惑わされることなく、家づくりをすすめていきたいと考えています

1

新年あけましておめでとうございます。

今年も皆さまにとって良い1年でありますようお祈り申し上げます。

今年は5月の天皇陛下即位で新元号になるなど大きな変化が訪れる年となりそうですが、皆さんの生活、そして住宅業界にとっても、10月に予定されている消費税の引き上げが大きな影響を及ぼすことが予想されます。

注文住宅の場合、今年3月末までに請負契約が完了していれば消費税は8%のままということもあり、住宅業界の動きを見ていると、消費税が上がる前の“駆け込み需要”を狙って各社、営業活動を活発化しているというニュースも見受けられます。家づくりをスタートしている皆さんの中にもそうした動きを実感されている方もみえるのではないでしょうか。

たしかに消費税2%のアップは家づくりの費用に少なからず影響を与えるものになりますが、アムキットホームではそうした“駆け込み需要”を促す動きとは一線を画していきたいと考えています。

お家を建てるというのは、多くの皆さまにとって“一生に一度”の機会となります。アムキットホームではお客さまとの家づくりにできる限り時間をかけて、しっかり寄り添っていきたいと考えています。

将来にわたってご家族が暮らすお家、どのようなお家を建てていくのか、間取りや室内のコーディネートのことなど、一緒に打ち合わせの中で考えながら進めていくことはたくさんあります。それは家づくりの過程の中で一番楽しい時間でもあります。

そうした時間を多少犠牲にして、“9月末までには建てなれけば”と時間に追われるようなことがあっては、後で“もっとこうしておけば良かった”と思うことが色々と出てくることにもなりかねません。

現在、消費税引き上げ後の対策で、今年10月以降にお家を購入した場合にはローン減税の期間を3年間延長して13年間にするなどの減税策も検討されています。また、消費税引き上げの影響を受けるのは建物の価格だけで、土地の価格は元々非課税なので消費税の影響は受けません。

アムキットホームでは、消費税引き上げに関連した動きに左右されることなくお客さまにご満足いただける納得のいく家づくりをすすめていきたいと考えています。

2018年のアムキットホームTOPニュースは四日市市羽津地区のモデルハウス完成です

8

2018年もあと5日。皆さん、今年はどのような1年をお過ごしだったでしょうか。

今年は各地で台風や地震といった自然災害が多くあった1年でしたね。アムキットホームでは大型の台風などに見舞われるたびに、お客さまにご連絡を取って、お家の状態を確認させていただいています。皆さま、幸いなことに何のトラブルもありませんでしたが、何かあった際には早急にメンテナンスにお伺いさせていただく態勢を整えています。

さて、アムキットホームでは今年、2つの大きな出来事がありました。ひとつは、なんといっても四日市市羽津地区の新モデルハウスのオープン。おかげさまで多くの皆さまにご来場いただき、SE構法を活かした家づくりの参考としてご覧いただいています。

昨年の設計開始から7月の完成までも何かと慌ただしかったのですが、完成後はモデルハウスをご覧になられたお客さまにご契約をいただき、新築がスタートすることも増えてきて、スタッフ一同充実した日々を送らせていただいています。

今年はもうひとつ、嬉しいニュースがありました。モデルハウスで採用しているSE構法の本部には現在全国で500社以上が登録しているのですが、その中で特にしっかりと取り組んでいる会社だけに認められる重量木骨の家 プレミアムパートナー」に認定されたのです。

耐震性と自由度を併せ持つ“強くて快適な家”を実現するSE構法を通して、これからも皆さまの家づくりに寄り添っていきたいと思っています。

寒い日が続きますが、皆さまお身体に気をつけて良いお年をお迎えください。

※アムキットホームは12月30日(日)〜1月4日(金)まで年末年始休業となります

東産業_スタッフ紹介series-2 A-TEC(株) 汐崎 進──好きなことにはとことんのめり込むタイプの男。想いは地球規模の環境改善へ

7

アムキットホームの母体である東産業は、水道設備の設置や下水道の補修、排水施設の施工や住宅の水回り工事など幅広い分野で“水のプロフェッショナル”として業務にあたり、創業以来50年以上にわたって地域の方々の「綺麗な水が使える生活」を守り続けています。

そんな東産業の仕事ぶりを皆さまにお伝えするシリーズ。今回は工場に設置される水処理設備などのプランニングや設計を担当している 汐崎 進を紹介させていただきます。

──水処理の仕事に就こうと思った理由は?

高校時代にNHKの番組を見て環境問題に関心を持ち、四日市大学の環境情報学部で環境保全について学びました。そこで「水」への関心が高まり、環境を改善する仕事、特に「汚水・排水処理」がしたいと思い、東産業に入社しました。

──現在はどのような仕事をしているんですか?

一口に工場の水処理といってもさまざまな方法があります。お客様の現状やご要望を詳しくヒアリングして、最適なプランニングを提案するとともに、施工監理からアフターフォローまで幅広く請け負わせていただいています。

──仕事のやりがいはどういうところに感じますか?

汚水・排水の処理は汚れている水が綺麗になるのが目で見てわかるので、自分が手掛けた仕事がはっきりと形となって現れてくれます。好きなことはとことん追究する性格なので、水処理の方法を究めていくことにやりがいを感じています。

──お客様に向けて、メッセージをお願いします。

東産業グループは住環境を総合的に管理するプロ集団として、人々の暮らし、地域、さらには地球全体を守る縁の下の力持ちとなります。けっして派手な仕事をしているわけではありませんが、皆さまに安心を届けることを使命として毎日頑張っていきます。

現在37歳の汐崎。入社して10数年を経ても、新人時代同様、“水のプロフェッショナル”としての使命感は失われていません。