新モデルハウス完成まであと1ヶ月になりました

5

四日市市羽津に建築中のアムキットホーム新モデルハウス。7月21日(土)のオープンまであと1ヶ月となりました。工事は着々と進んでいます。皆さまにご覧いただける日を心待ちにしています。

アムキットホームは本社のある三重県四日市市を中心に、桑名市や鈴鹿市、亀山市で数多くの新築注文住宅を手がけてきました。三重県内だけでなく愛知・岐阜のお客さまからも注文住宅のご依頼を受けることがあります。

家づくりにあたっては綿密なヒアリングからスタート。アムキットホームオリジナルの「1000の質問シート」に沿って打ち合わせを進めさせていただきます。この「1000の質問シート」では、今までのお住まいの中で感じたご不満や、将来の生活イメージなどをご家族で話し合いながら記入していただきます。お子さんが巣立った後、どのように暮らしていこうかなど、日頃真剣に話す機会のない「ご夫婦の将来像」をあらためて考えるきっかけにもなります。

アムキットホームが取り組んでいる「SE構法」は、お客さまのライフスタイルの変化に応じて構造の強さを維持したまま自由に間取りを変えることができる「スケルトン&インフィル」を実現しています。お家の中の間仕切りの位置を変えることで、子ども部屋を大きなワンルームにするなど、お家の内部空間をダイナミックに変化させられるのです。

こうしたアムキットホームの家づくりのエッセンスが体感できる新モデルハウス、完成の際にはたっぷりとご案内させていただきます。どうぞお楽しみに。

 

「四日市まちなかバル」でグルメな2日間を満喫!

4

雑誌やネットで情報を見て“行ってみたいな”と気になっていたけれど、なかなか機会がなくて行けなかったというお店ってたくさんありますよね。店内の雰囲気や料理の味が気になっていても、軽く試してみるというのもなかなかむずかしいですし。

 

そんな人にとって、色んなお店を試せる嬉しいイベントが、「四日市まちなかバル」です。近鉄四日市駅周辺の人気飲食店が74店舗参加。お得なチケットで好きな店の食べ歩きを満喫できるのです。

 

今年は6月20日(水)・23日(土)の2日間の開催。前売り3000円のバルチケットを購入したら、74店舗の中からお好きな4店舗で「自慢の一皿+ドリンク一杯」を楽しむことができます。たとえば『熟成肉バル ウッシーナ』で「熟成ハラミステーキ+グラスワイン」、『ピッツァ&シーフードバル ヴィーノ』では「自家製窯焼きピッツァ+生ビール」といったメニューが用意されています。

 

バル以外にも居酒屋や中華料理、カフェ、和食などさまざまなお店が参加しているので、駅前のまち歩きを楽しみながら、気になったお店に入ってみるのもいいですね。

 

前売り券は「四日市まちなかバル」のホームページからネット予約もできます。当日券だと3500円になるので、前売り券を買っておいた方がお得です!

http://y-machibar.com

「室内用物干しユニット」が人気。洗濯物を屋外で干さない人が増えています。

かねてよりご案内しておりました四日市市羽津のアムキットホーム新モデルハウス、オープン日が7月21日(土)に決定いたしました。詳しい情報はまた折々ご紹介いたします。どうぞお楽しみに。

さて、毎年梅雨どき、雨の日が続くこの時期になると、頭を悩ませるのが“洗濯物をどこに干すか”という問題ですよね。最近は花粉症に悩む人も多く、洗濯物を屋外に干さないという方も多くなってきました。

屋内ベランダのように室内干し専用の空間を作られる方もみえますが、最近、人気なのが「室内用物干しユニット」。パナソニックからは「干し姫」という名前で商品化されています。竿は普段は目につかない天井に収まっており、物干し竿として活用するときだけ降ろして洗濯物をかけます。床置きの物干しと違って収納スペースが不要なのですっきり収納できて見栄えもいいし、洗濯機の近くに設置すれば洗濯物を干す手間もかなり軽減できますよね。

設置されたお客さまからは皆さま「便利で助かる」というお声が聞かれます。洗濯物を竿にかかった状態で簡単に上げ下げできるのも使い勝手がいいですね。

設置場所は洗面室の他にもリビングや階段ホール、洗面室などお好みの場所を選べますが、日当たりが良く風通しの良い場所を選ぶのがポイント。生乾きの状態が長く続くと雑菌が繁殖し、ニオイの原因にもなってしまいます。

お家づくりの際には、お家の中の時間帯ごとの日当たりや風の通り具合を考慮した上で、設置場所をご提案させていただきます。快適な暮らしを実現するアイデア、ぜひアムキットホームにお任せください。

 

東産業サービス紹介-4「エアコンクリーニング」──プロの技で分解洗浄。お部屋の空気を綺麗に保ちます

エアコン 修理 点検

アムキットホームの母体である東産業では半世紀以上にわたって下水道の維持管理や浄化槽の点検整備など、地域の水環境を守り続けていますが、身近なところでも皆さまのお役に立つサービスをご提供しています。

 

そのひとつが「エアコンクリーニング」です。

 

これからの時期、そろそろエアコンが活躍し始める季節になりますが、梅雨どきはカビが大繁殖する季節。汚れやカビが詰まった状態で使用していると部屋中にカビや雑菌を撒き散らすことにもなりかねません。アレルギーに敏感なお子さまをお持ちのご家庭でしたらなおのこと注意が必要です。

 

東産業のエアコンクリーニングサービスでは、エアコン掃除のプロがご家庭や店舗のエアコンを分解し、内部の部品まで徹底的に洗浄します。綺麗に生まれ変わったエアコンからは快適な空気が流れ出すことに。

 

汚れやカビで詰まった状態が続くとエアコンに負荷がかかり、電気代が増加してしまうこともあります。エアコンクリーニングによって電気代が安くなったというお声もいただいています。

 

6月末までクリーニング代がお得になるキャンペーンも実施中。エアコンの臭いが気になるという方もこの機会にぜひ一度ご相談ください。

 

新モデルハウス完成までの道のり ─第14回 夏の陽射し対策もバッチリ。新モデルハウスは“日射遮蔽”を考え抜いた家

1

四日市市羽津町に建設中のアムキットホームの新モデルハウス。いよいよ完成まで残すところ1ヶ月ほどになってきました。

 

新モデルハウスは木造建築の可能性を広げる工法として注目されている「SE構法」を採用。耐震性が高く、自由度の高い空間を実現しています。陽射しの降り注ぐ大開口の窓、開放感のある空間はSE構法ならではの魅力といえるでしょう。

 

しかし、大きな窓から入り込む太陽光は、夏の時期には室内の温度を上げてしまうことにも繋がります。だからといって、“自然の光と風と熱を採り入れた心地良い家”を目指している新モデルハウスでは、エアコンの力で暑さをしのぐようなことは良しとしません。

 

そこで大切になるのが“日射遮蔽”です。

 

陽射しが強いからとカーテンを閉めると、光を遮ることはできても熱は遮ることができません。強い陽射し・熱が入り込むのを防ぐにはどうすれば良いか。軒を出したり、オーニングやシェードを活用したりといった方法もありますが、新モデルハウスでは「外付けブラインド」を採用しました。

 

なぜブラインドでも“外付け”が良いのか。もし、ブラインドが室内に設置されていると、夏場は強い陽射しを受けて室内ブラインドの表面温度が上昇し、室内の温度を上げてしまいます。

 

外付けブラインドなら陽射しが浸入してくる前に外でシャットアウトしてくれるのです。

 

自然の光と風と熱を活かして心地良い生活を提供するアムキットホームの新モデルハウスは、“日射遮蔽”にこだわった家です。1ヶ月後のお披露目を楽しみにしています。